Midas touchを手に入れろ

穴馬狙いの競馬予想をします。思いのままに綴っていきます!

桜花賞の予想

桜花賞

◎ククナ

牝馬クラシック第一弾。18頭中実に17頭が前走馬券内で最低限のリズム保有の馬が多い。そして軒並み人気が落ちているので、多くがプレッシャーからは開放されるタイミングとなるので少々難解な印象。◎のククナは前走は馬群の中にいながらしっかりと捌いて3着を確保。人気より凡走で今回ストレス疲労はなく、同時に大幅人気落ちでプレッシャーもない状態。ここ2戦1番人気のプレッシャーと比較しても苦→楽の流れで、2走前のシンザン記念で2着ルークズネスト、3着バスラットレオンがその後重賞制覇しており高いレベルだった中でもリズムを維持。ソダシは強敵だがククナも条件は整っているように感じるので期待したい。

ニュージーランドトロフィーの予想

ニュージーランドトロフィー

◎ヴィジュネル

→芝16-芝14-芝16のバウンド延長臨戦。前走は前残りのレース展開で中団より後ろから競馬して0.6差の7着とまずまずの内容。芝16適性も比較的高く、デビュー戦のように前に行く位置取りショックを掛けて先行して好位追走出来れば面白い存在。

阪神牝馬ステークスの予想

阪神牝馬ステークス

◎プールヴィル

→痛恨の8枠。マイルは相性がイマイチだが阪神ジュベナイルフィリーズ5着や、桜花賞6着とトップレベルでもそれなりに走れている。休み明けは相性が良く、昨年もオーラカップからの休み明けの重賞で好走しており、今回は相手レベルがもう1段階上がるものの、相手レベルアップでも食らいつけるタイプなので人気急落での一発に期待したい。

大阪杯の予想

大阪杯

◎サリオス

→間隔空けて疲労ストレスがない状態は他の人気2頭と変わらないが、前走のマイルチャンピオンシップでスタート時に後手を踏み後方待機だったため、ある程度位置を取れれば位置取りショックのタイミング。上がり最速記録をしており、もう少し前目で競馬出来ていれば、グランアレグリアが馬群で一瞬もたついていたのもあり良い勝負できていた見方もできる。芝16朝日杯→間隔の空いた芝20皐月賞でも良いパフォーマンスを見せており、今回の休み明け、延長臨戦、G1は問題なくこなしてくるだろう。

ダービー卿チャレンジトロフィーの予想

ダービー卿チャレンジトロフィー

◎メイショウチタン

→芝14からの延長臨戦。前走は道中少し位置取りを下げて、今回前に行ければ位置取りショックが掛かるタイミング。結果的にも先行勢が上位を締める結果であり、やや馬場のバイアスに泣かされた感じも直線内から伸びて来ていた。大きな疲労ストレスも無いので、人気的なもの期待値が高く弾けて欲しい。

高松宮記念の予想

高松宮記念

◎マルターズディオサ

→生涯初のスプリント戦でカテゴリー鮮度は十分というタイミング。前走は芝20から初の芝14への短縮臨戦の中、戸惑わず番手追走で2着と力走。今回間隔を空けてきており、その時に抱えたストレス疲労は消えてフラットと考える。とにかく毎回人気にならないので毎度プレッシャーはない。もう少し内枠が欲しかったが、休み明けからしっかり走れるタイプであり、雨天で馬場悪化となれば、安定して前で競馬できる分アドバンテージとなりそう。

マーチステークスの予想

マーチステークス

◎オメガレインボー

→ダ17-ダ14-ダ18のバウンド延長臨戦。基本好位で競馬をするが、前走は前残りのレースで後方待機ながらメンバー中最速上がりで0.6差と収穫のある内容。今回は前に行ければ位置取りショックが掛かるので是非とも前に行って欲しいが、先行馬多数で前が速くなりそうなので、前走同様控えて末脚勝負を活かせるのも悪くないか。人気はないので思い切り乗って欲しい。