Midas touchを手に入れろ

穴馬狙いの競馬予想をします。思いのままに綴っていきます!

京成杯の予想

京成杯

◎プラチナトレジャー

→メンバー12頭中5頭が前走新馬勝ちのキャリア1戦1勝馬という予想難解なレース。そんな中にいてキャリア4戦目、前走重賞も経験しており、今回は他馬より追走が楽に感じるはず。延長臨戦で前に行ければ位置取りショックが掛かるが、同型馬多数で前走同様に後ろから行ってもレースは出来そう。前走Vラインを刻んでいて前向きさもあるので、直線で突き抜けるシーンを期待したい。

日経新春杯の予想

日経新春杯

◎レイホーロマンス

→20-30-22のバウンド短縮臨戦。休み明けからの2戦はリズムが良く好感が持てる。また前走Vラインを刻んでいて良い前向きさもある。人気より連続で好走していて疲労ストレスはそれなりに持っていそうだが、人気もなく斤量51キロの軽ハンデもあり相殺出来れば、激走してもおかしくはないタイミングかもしれない。

愛知杯の回顧

愛知杯

◎ドナウデルタ 13着

→前半の5Fが57.9秒というハイペース。想定と真逆の競馬になったので仕方ない。それでもまぁ内枠を活かしきれず、後ろが進めて外に持ち出そうとする残念な競馬でチグハグな競馬。それでいて4角10番手より後ろにいた馬では一番最後に入線という期待外れ。好スタートだったので多少前につけていれば、負けたとしてもここまで内容が無いことはなかったのではないか。

愛知杯の予想

愛知杯

◎ドナウデルタ

→延長臨戦で初の芝20挑戦で鮮度ある状況。延長自体はは2走前に決めており悪くない臨戦。前走は2桁着順敗戦だが、0.7差で着順ほどは悪くなく、Vラインを刻んでいて今回ストレス疲労ないタイミングで大幅人気落ちと買いたいオプションが複数付いてきた。2走前のようにある程度前に付けられたら、位置取りショックがハマる可能性もあるのでこれは抑えたい。

フェアリーステークスの回顧

フェアリーステークス

◎ホウオウイクセル 2着

→外から邪魔されることなくそれなりにスムーズに進めて着を確保。先行馬のペースが想定より速く、短縮臨戦の同馬には有利な展開ではあった。欲を言えば勝ちに行って欲しかったが。しっかりとハマるタイミングで予想ができて良かった。

フェアリーステークスの予想

フェアリーステークス

◎ホウオウイクセル

→大外枠痛恨も、メンバー中唯一となる16-18-16のバウンド短縮臨戦という異端に該当。前走は未勝利だが多頭数戦で内を抜けてきて快勝しており相手レベルアップの臨戦でも食らい付いていきそうなタイプと判断。タフな中山コースで外が伸びる状況なら一発あっても良い。

シンザン記念の回顧

シンザン記念

◎ブルーシンフォニー 6着

→今の馬場で内枠で好スタート決めたなら、そのまま先行して競馬して欲しかった。中途半端に控えて直線で進路探しに手こずって伸びきれず消化不良の内容。この馬自身の延長は良さそう。少し追い続けたい。