Midas touchを手に入れろ

穴馬狙いの競馬予想をします。思いのままに綴っていきます!

オールカマーの予想

オールカマー

◎サンアップルト

→休み明けでリフレッシュしてきたのはプラス。なにより非根幹距離向きタイプ。重賞2戦目と鮮度も十分ある。毎度後ろから競馬することになるのが懸念材料も、前向きさは感じられるので強い馬はいるが割ってこられるタイミングである。

神戸新聞杯の予想

神戸新聞杯

◎ヴェルトライゼンデ

→大外枠痛恨。前走では、ストレス疲労が抜けた中でVラインを刻んだ3着と巻き返してきた内容からみても良い馬である。
今回の休み明けはこの馬にとっては良くないのかもしれないが、スプリングステークスも同様のタイミングでしっかりとまとめてきた実績もあり、ここもある程度走れるだろう。

セントライト記念の予想

セントライト記念

◎ラインハイト

→非根幹距離レースを連勝してきているリズムの良いハーツクライ産駒。間隔が空いてリフレッシュされており、初重賞挑戦で鮮度も抜群。前に行ける脚質もあり、開幕2週目の馬場であれば十分に押し切れるはず。

ローズステークスの予想

ローズステークス

◎オーマイダーリン

→レースを使われている、しかも、連闘のディープインパクト産駒。本来疲労も溜まり好ましい臨戦とは言えないが、鞍上的にも延長臨戦で前に行ける可能性を秘めており、1番人気からの大幅人気落ちでストレス疲労軽減出来れば、力を発揮できると思う。

京成杯オータムハンデキャップの予想

京成杯オータムハンデキャップ

◎ボンセルヴィーソ

→開幕週の秋の中山。紫苑ステークスも前に行った馬が勝ち、内枠先行馬重視。過去に同コースのニュージーランドトロフィー3着やダービー卿チャレンジトロフィーで2着と重賞好走歴のあるコースで、今回大幅人気落ち。解放度は大きく買いのオプションが揃う。スマイルカナ、トロワゼトワルと人気の先行馬がいるものの、番手にはつけられそうで、スタートから終始内を進んで直線向いたら面白いだろう。

セントウルステークスの予想

セントウルステークス

◎ラヴィングアンサー

→12-14-14-12のバウンド短縮臨戦。メンバー中屈指の短縮巧者で、今年も芝14阪急杯惨敗から芝12春雷ステークス短縮臨戦を見事決めている。前走は人気で飛んだが、京王杯スプリングステークス激走もあり、人気を背負ったことでプレッシャーがあったものの、今回は人気落ちで解放され、前も速くなりそうなので走れるタイミングと判断する。

紫苑ステークスの予想

紫苑ステークス

◎マジックキャッスル

オークスは前有利の中後方から素晴らしい末脚だったが、勝ったデアリングハートに進路をカットされ伸びていた所を残念ながら止まってしまった印象も、それでもそこから更に前進した。ここ2走G1で弾かれてるのも事実だが、オークスは前途の通り、桜花賞は極悪馬場で競馬出来ずとそれなりに理由があった。この馬に良い前向きさがあり、人気もなく1発に期待したい。